学校案内

HOME > 校長挨拶

校長あいさつ校長あいさつ

 本校は、1919年(大正8年)、校祖・幸田たま女史が「まことの近代女性の育成」を目指し、神戸・湊川の地に裁縫塾を開校されて以来、101年の歴史と伝統をもつ湊川相野学園の学校です。
 1945年までの神戸時代には、生徒数が1000名にならんとする時期もありましたが、水害・火災・戦禍による校舎消失と度重なる苦難を乗り越えて、1946年に三田市に移ってきました。そして、1954年に女子高校を設置、2004年には半世紀にわたる女子教育時代から共学校として新たな歴史がスタートしました。
 本校の学びは、校祖の教育実践より学んだ不撓不屈の精神を柱に、社会への貢献を願い、時代に対応できる知性や技術を身につけた人材を育成するため「知・徳・体」のバランスがとれた全人的教育に重点を置いています。現在、特別進学コース・総合コースの教育課程に基づく学びと、本校独自の「自己発見プログラム」の実践によって、一人ひとりの生徒が学校生活や日常生活で体験したこと、考えたことを自己啓発の土台にして、夢や目標に向かって個性や特性を伸ばす教育を行っています。
 高校生活の3年間には、楽しいことや辛いことがありますが、卒業時に本校で学んで良かったと実感してくれる「魅力いっぱいで、期待感のあふれる学校」を目指します。

校長 川﨑宏紀

pagetop